クアッドアンカーシステム

 
クアッドアンカーとは、4つのポイントを持つアンカーのこと。

流動分散か固定分散での支点構築は、一般的にはアンカーポイント2点、中央のマスターポイント(セルフビレイとセカンドビレイに使用)1点のトリプルアンカーと言える。

クアッドアンカーはアンカーポイント2点、セルフビレイポイント1点、セカンドビレイポイント1点の計4ポイントから構成される。

具体的には、スリングを二重にしてオーバーハンドノットを2つ作る方法でクアッドにする。

クアッドアンカーシステムは流動分散と固定分散のいいとこ取りで、支点構築の際に流動と固定どっちにするかというモヤモヤが解消。

長所としては、

・オーバーハンドノットが流動分散の可動域制限となる。

・セルフビレイとセカンドビレイ、それぞれの荷重方向が異なっても対応可能。

・事前準備しておけばスピーディーに支点構築可能。

欠点としては、事前準備するクアッドが少しがかさばることと、スリングの汎用性が低くなることか。

【クアッドの作り方】

① 5.5mm×5mケブラーコードをダブルフィッシャーマンズノットでロープスリングにする。
(ケブラーコード使用が必須ではない)

② スリングを二重にする。

③ 中央部(マスターポイント)が段違いになるようにオーバーハンドノットを2つ作って完成。

上段をビレイデバイス用、下段をセルフビレイ用として使う。
 
 
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。