二子山~高峰温泉

 
【日程】 2019年10月26日(土)
【天候】 曇り
【山域 山名】 北秩父 二子山~高峰温泉
【目的】 バリエーション(個人山行)
【CT】 自宅(4:30)ー二子山倉尾登山口(7:40-8:00)・・・股峠(8:10-8:25)・・・二子山 東岳山頂(9:30-9:40)・・・股峠(10:30-10:40)・・・二子山 西岳山頂(11:30)・・・ローソク岩分岐(12:50)・・・股峠(13:30)・・・二子山倉尾登山口(13:40)ー高峰温泉(17:00)泊
  
 
次回ガイド研修の自主練も兼ねて相方と二子山へ。そして僕のお誕生日ということで、下山後は高峰温泉に向かいのんびりする計画。
 
高坂SAで豚汁定食食べて、倉尾登山口へむかう。
 
 
林道西秩父線に入って山道を走ると、台風19号と前日の大雨の爪痕があちこちに。
 
斜面から大きな石が崩れ落ち道路をふさいでいて、車を降りて石を道路脇に寄せたり、沢筋から水がバシャバシャ落ちてきてたり、来たはいいけどやばそうな感じ。
 
登山口の駐車スペースには車の姿1台もなし。そしてそこから先の道路は崩落のためであろう、通行止めになっていた。
 
 
とりあえず股峠まで上がって状況確認したが、岩は雨で湿って滑りやすいが注意すれば大丈夫そうな感じ。
 
 
ショートロープの練習も兼ねて東岳まで登ってみることにする。
 
 
東岳へは国土地理院地形図には登山道記載なく、山と高原地図では破線ルート。
 
股峠から斜面を上がってタイトロープに切替、岩場のトラバースはロープを全部出してスタカットにした。鎖やピナクルでプロテクションが取れる。
 
 
岩はけっこう滑って慎重に。タイトロープ、ショートロープと切替ながら東岳山頂へ。
 
 
向こう側には西岳の姿が。紅葉も進み美しい。
 
 
リンドウ。
 
 
股峠まで戻って次は西岳へ向かって斜面を上がる。
 
 
岩峰取付きで左が上級者コース、右が一般コースと分かれる。どちらも破線ルートだが、この日は登ったことのなかった一般コースへ。
 
 
途中、ルートを右に取りすぎて少し難しいところを登ってしまったが、上級者コースに比べれば登攀要素はほぼなし。
 
稜線に上がって左へ進めば上級者コース、右に進んでいけば西岳の山頂標へと出る。
 
 
西岳山頂。
 
 
山頂からはローソク岩分岐までショートロープで岩稜歩き。眺めも良く、なかなか楽しい岩稜歩きを楽しめる。
 
このコースも破線ルートとなっているが、岩慣れしてる人ならルーファイだけ気を付ければ特別難しい箇所はないと思う。
 
 
ローソク岩分岐で下降するところに立ってる道標が、古くて少し分かりづらい。
 
 
鎖はついてるがロープを出して下降。
 
 
一般登山道を股峠へと戻った。このコンディションの中、中央稜に取付いてるクライマーの姿も見えた。僕らのあとに駐車場に入ってきたのだろう。
 
祠エリアのゲレンデは水がジャバジャバ落ちてきていて、とても登れるような状態ではなかった。もちろんクライマーの姿もなし。
 
 
股峠から駐車場に戻って、本日お泊りに行く高峰温泉を目指す。
 
そして途中、道の駅で道路状況を確認して気付いたのだが、R299の通行止めにより、旧道や林道で迂回していかないと辿り着かないことが判明。気付いてよかった。
 
なんとか無事、高峰温泉に到着。
 
 
浅間山の麓、高峰高原に位置するランプの宿で有名な秘湯。この日は僕の誕生日ということで、のんびりお泊り。
 
標高2000m雲上の野天風呂、気持ち良すぎておしっこ漏れそう。
 
 
源泉垂れ流して美味しい夕ごはん幸せ。
 
 
高峰温泉名物刺身こんにゃく。
 
 
鯉の旨煮絶品。
 
 
信州ハーブ鶏のスパイシー鍋、出汁がいい香りだった。
 
 
山菜天ぷらは野沢菜じゃなくて軽井沢菜がサクサクでうまい。
 
 
デザートは豆乳プリン。
 
 
ランプがいい雰囲気。
 
 
ロビーには五平餅置いてあって、自分で好きなだけ炙って山椒味噌つけて食べられる。
 
 
外に出たら満天の星空。今眺めてる星は全て僕が生まれる遥か昔の星の姿なんだと考えるととても不思議な気分だ。
 

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!