『ゴーマニズム宣言 2nd Season 第3巻』 小林よしのり(著)

 
岡本太郎の太陽の塔は、大阪万博のテーマだった「人類の進歩と調和」へのアンチテーゼとして建てられたという話は面白かった。
 
人類は全然進歩していないと言い切った岡本太郎やっぱりすごい。
 
そして、フリージャーナリストの伊藤詩織さんが、元TBS記者の男からレイプされたと告発した件。
 
男の逮捕状が裁判所から出たにも関わらず、当時の警視庁刑事部長の判断で直前になり逮捕状執行が差し止められた。

たしかに、テレビドラマみたいでちょっと解せない話ではある。
 
この被疑者が官邸とベタベタの記者であったことから、なんらかの力や忖度が働いたのではないかと疑惑になった。
 
伊藤さんとその男はまだ係争中だけど、性犯罪裁判での立証の難しさも感じる。
 
小林よしのり氏もこの男から名誉毀損で訴えられ、本著でも徹底抗戦を表明。
 
他に本作では日韓問題や憲法改正、皇統問題、アイヌ問題など。
 
皇統に関しては、男系原理主義に相変わらず手厳しい。男系は伝統でもなんでもない、男尊女卑の悪しき因習だと主張。
 
そもそも皇祖神は天照大神であり皇統は最初から女系だ。
 
男系の因習に固執して手遅れにならないうちに、せめて女性宮家だけでも早く実現してほしいと僕も思う。
 
 
 
 

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!