木曽駒ヶ岳

 
【日程】 2019年11月30日(土)~12月1日(日)
【天候】 晴れ
【山域 山名】 中央アルプス 木曽駒ヶ岳
【目的】 雪山登山(会山行 青年グループ例会)
【CT】 
11/30 橋本駅(17:00)集合ー明治亭駒ヶ根本店(20:00-20:40)-菅の台BC駐車場(20:50)泊
12/1 菅の台BC(8:15)ー<伊那バス>ーしらび平駅(8:45-9:10)ー<駒ヶ岳ロープウェイ>ー千畳敷駅(9:20-9:35)・・・乗越浄土(10:30)・・・宝剣山荘(10:35)・・・中岳(11:00)・・・木曽駒ヶ岳(11:30)・・・乗越浄土(12:15)・・・千畳敷駅(12:45-55)ー<駒ヶ岳ロープウェイ>ーしらび平駅(13:05-13:20)ー<伊那バス>ー菅の台BC(14:00)解散
【参考記録】 車両代3,000円(1人)、菅の台BC駐車料金800円(1台)、駒ヶ岳ロープウェイ+バス3,690円(往復/1人、モンベルカード20%割引)
  
 
会の青年グループ例会で初冬の木曽駒ヶ岳を計画。僕は今シーズン初の雪山。
 
参加者は計8名。車2台に分乗して僕の班は橋本駅に集合。
 
駒ヶ根ICを降りてソースかつ丼で有名な明治亭に寄ってから菅の台バスセンター駐車場へ。
 
 
菅の台BCで前夜泊のためのテントを計3張り。そして一般例会の宝剣岳組メンバーらと合同で宴会。
 
 
標高850mあるだけに夜は冷えた。上下ダウンを着込んで象足履いてシュラフにくるまる。
 
翌朝6時前に起き簡単な朝食を済ませてからテント撤収。
 
 
バスセンターでのバスとロープウェイのチケット販売開始が7:45。7時半頃からバス停に並んでチケット販売開始と始発バスを待つ。
 
 
バスとロープウェイを乗り継いで千畳敷駅へ。
 
 
千畳敷から宝剣岳方面は素晴らしい眺め。空が青い、青すぎるよマチルダ中尉。
 
 
アイゼン履いて装備を整えて出発。トップはサブリーダーにお願いして、僕は後ろからカメさんチーム担当でショートロープの練習も兼ねる。
 
千畳敷駅から左手の信州駒ヶ岳神社を通って乗越浄土へと上がっていく。
 
 
 
雪は少なく締まっていて歩きやすい。
 
朝は寒くてアウターの中にダウンを着込んでいたぐらいだったが、ポカポカ陽気で汗ばんでいくぐらい。
 
乗越浄土に上がったら左手の宝剣山荘の脇を抜けて中岳方面へ。
 
 
ここで宝剣岳組がロープを出して準備中。
 
 
一気に冷たい強風が吹き始めて顔が痛い。バラクラバ持ってくればよかった。
 
中岳山頂。
 
 
ここから木曽駒ヶ岳頂上山荘の建つ鞍部に下りてから登り返し。
 
トップのウサギさんチームは早くも下ってきた。
 
 
木曽駒ヶ岳山頂。
 
 
はしゃぎまくり。
 
 
宝剣岳から空木岳へと連なる中央アルプスの主脈、噴煙収まった御嶽山、南アルプス、富士山まで素晴らしき眺望。
 
 
山頂での眺めを堪能してからピストンで千畳敷へ下山。
 
 
ちょうど下りのロープウェイの時間間近だったので、急いでアイゼンだけ外してロープウェイに乗り込む。
 
菅の台BCまで戻ってここで解散。中央道で帰路へ。
 
宝剣岳組も北稜から南稜まで抜けて無事に下山したようだ。
 
これ以上ない好天に恵まれて、仲間と共に初冬のアルプスを満喫できた。
 
皆さんお疲れ様でした。
 
 
 

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!