裏妙義 木戸壁右カンテ

 
【日程】 2019年12月12日(木)
【天候】 晴れ
【山域 山名】 西上州 裏妙義 木戸壁右カンテ
【目的】 マルチピッチクライミング(個人山行)
ー高尾駅南口(18:30)解散
【参考記録】 車両代2,750円/人
  
 
有休頂戴して仲間4人で裏妙義木戸壁右カンテへ。5ピッチのマルチピッチクライミング。
 
高尾駅前に集合して出発。高坂SA豚汁定食で気合入れる。
 
 
閉館となった国民宿舎裏妙義駐車場に駐車。
 
木戸壁方面を望む。思ってたほど寒くなく天気も良し。
 
 
丁須の頭方面、籠沢沿いを進む。この季節になるとヒルも出ないので堂々と歩ける。
 
 
る。
 
 
岩を触ってみると噂通り脆い。
 
 
この基部沿いを右側に少し進んでいくと上部にハンガーボルトが見える。ここが木戸壁右カンテの取付き点。
 
さらにその右側は木戸前ルンゼ。
 
装備を整えて登攀の準備。僕の組は2組目で、僕は偶数ピッチのリードを担当。
 
 1P(15m Ⅲ)フォロー
 
まず1組目が1P目を登り出す。
 
 
続いて僕ら。フェースを直上。スタートが若干立っている。
 


2P (20m Ⅳ)リード

凹角を右上してから左の傾斜のきついフェースへ。最後、左に少しトラバースすると終了点。
 
ホールドが信用できずに慎重になるため、Ⅳ級よりも難しく感じた。
 
 
支点構築はクアッドアンカー。
 


3P (20m Ⅲ)フォロー

優しいフェースを直上して松の木テラスまで。
 


4P (25m Ⅳ)リード

松の木テラスから右上し、バンドを右に進んでからカンテを直上。
 
さらに上の終了点で通常は切るようだ。

 
5P (20m Ⅲ)フォロー
 
フェースを直上すると、頭上にハングした岩の基部に出る。ここがルートの終了点。
 
 
全員、無事に完登。  
 
 
終了点の左奥のルンゼからさらに上を目指すこともできそうだが、見たところ安定した支点は取れなさそう。
 
しかし実はここからの懸垂下降が核心だったり。
 
ダブルロープでの懸垂下降ではボコボコ岩にロープが引っかかるため、ロープ1本で細かく刻んで懸垂することに。
 
す。
 
次にセットするロープは、最初に降りてくる後続からもらう。
 
 
計6ピッチの懸垂下降だったが、途中ロープがスタックしてしまったり時間を食ってしまった。
 
装備を解除して国民宿舎裏妙義へと戻る。
 
 
アプローチ含め僕らの他に誰一人とも会うことなく、のんびりと贅沢な一日。
 
皆さんお疲れ様でした。
 
 
 
 
<img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&amp;MarketPlace=JP&amp;ASIN=B07NDGVHPP&amp;ServiceVersion=20070822&amp;ID=AsinImage&amp;WS=1&amp;Format=_SL250_&amp;tag=kaoruaa-22">
<img alt="" border="0" height="1" src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=kaoruaa-22&amp;l=am2&amp;o=9&amp;a=B07NDGVHPP" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1">
 
ペツル (PETZL) ルベルソ5 D017AA グレー 2019年モデル [並行輸入品]
<img alt="" border="0" height="1" src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=kaoruaa-22&amp;l=am2&amp;o=9&amp;a=B07NDGVHPP" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1">

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。