マルチピッチクライミングの基本手順

◆マルチピッチクライミングとは

マルチピッチクライミングとは、ロープの長さ以上のルートを登攀する場合に、複数ピッチに分けてクライミングするシステムのこと。

2人1組(あるいは3人)で、リード(トップ)とフォローを繰り返しながら登っていく。リードは登りながら上にロープを延ばしていき、ピッチの終了点で次に登ってくるフォローを上からビレイ。

シングルピッチのフリークライミングと違って、様々な知識と技術が必要になる。アルパインクライミングでは必須の技術。

アルパインクライミングではなく、フリークライミングでのマルチピッチルートと見なされてるルートもあり、日本では「アルパインクライミング」と「マルチピッチクライミング」という言葉をルートに応じて使い分ける傾向になっている。

システムとしてはアルパイン、フリーのマルチピッチともに、マルチピッチクライミングであることに変わりない。

自分の基本スタイルを確立して、その基本形をベースに、パートナーや状況に応じた応用が効くようになりたい。

◆マルチピッチクライミング基本装備

 ・ハーネス

 ・ヘルメット

 ・クライミングシューズ

 ・ビレイグローブ

 ・ロープ

 ・セルフビレイコード (PAS等)+安全環付カラビナ

 ・フォロー確保機能付ビレイデバイス+ 安全環付カラビナ

 ・フリクションコード+ 安全環付カラビナ

 ・クイックドロー、カミングデバイス(カム)必要数

 ・支点構築セット(安全環付カラビナ3枚、安全環付クイックドロー、120㎝ソウンスリング)

以上は一般的なルートにおける最低限の装備の一例。他はルートと考え方に応じる。

◆マルチピッチクライミング基本手順 (ダブルロープの場合)

(1) 必要なギアのラッキングとロープの準備

 ・ラッキングの際のクイックドローのゲート側は外向きが外しやすい。

(2) アンザイレン

 ・セカンド側のロープが下になるようさばき、ロープを左右順に下に並べる。

・どちらの色のロープを左右どちらに結ぶかをお互い確認してハーネスに結ぶ。リード、セカンドともに壁を向いた状態で結べばねじれなく分かりやすい。

(3) ビレイのセット(ビレイヤーもセルフビレイを取る)

(4) トップは中間支点を取りながらリード

・リングボルトへはクイックドローを下から掬い上げて掛ける。ゲートと岩壁が相対する掛け方はしない。

 ・クリップする際のクイックドローのゲート側は、原則、進行方向の逆側。墜落時はホイップラッシュ現象によって、カラビナのゲートが開くことが少なくない。ワイヤーゲートカラビナはホイップラッシュ現象によるカラビナの開きに強い。

・ロープの流れが悪い箇所、クラックなど状況に応じてスリング、ナチュラルプロテクションを使用。

・ダブルロープの場合、ロープが交差しないよう流れに注意。

(5) リードのビレイ

 ・ダブルロープの場合、ビレイヤーは右手でロープ2本を同時に操作するのが基本。

 

(6)終了点での支点構築

・外側から内側に向かって120cmスリングを通した安全環付きカラビナを取り付け、カラビナを反転させる。

・セルフビレイコードかクローブヒッチで仮のセルフビレイを取る(必須ではない)。

・支点構築はスリング上部を一度ねじって流動分散が基本。特にアンカーポイントが墜落によって大きく動く可能性がある場合。
・支点構築の際は、スリングの内角は60度以内とする。
 ・アンカーポイントの強度が20kN未満と推測される場合は、ねじって流動分散を作った後、支点頂点をクローブヒッチで固定分散とする。
 流動分散か固定分散かは、それぞれメリットとデメリットあり、考え方によっても異なる。
 支点構築は固定分散と流動分散を理解してることを前提に、両者のいいとこ取りをしたクアッドアンカーシステムもある(専用のスリングを事前準備しておく必要あり)。
 (7) 中央マスターポイントのカラビナに、メインロープからクローブヒッチでセルフビレイをとる。(写真は流動分散を採用)
 (8) トップはセカンドに「ビレイ解除」コール。セカンドの「ビレイ解除しました 」コールを確認したら、トップは余分なロープをたぐりよせ、セルフビレイのロープの上に振り分けロープアップ。
 ・体重は完全に後ろに預けて足を広げ安定した楽な姿勢を確保。 
・ロープを置くのは手前から順番に。いっぱいになったら、逆側に折り返して重ねる。
・セルフビレイのロープの上を基点に右上に引き上げ、折り返して左上に引き上げるの繰り返し。片側に振り分けてるロープが地面についたら逆側に振り分け。
 (9)  セカンドはロープアップ中に、セルフビレイコードでセルフを取った上で支点解除、ギア回収しておく。余分なロープが全て引き上がったら、セカンドは「ロープいっぱい」コール。
(10)中央マスターポイントのカラビナにビレイデバイス+安全管付きカラビナをセット。
このとき、セルイフビレイのクローブヒッチはカラビナのゲート側に来るように。

 ・ダイレクトビレイ用の穴に支点中央のカラビナを通す。

 ・フォロークライマー側のロープが上側、ビレイ側のロープが下側の位置になるよう通す。

 ・ロープの輪とリテイナーをHMS型環付カラビナでクリップ。

 ・ビレイデバイスの向きは、カラビナ通すチューブ側が壁側になる。

 ・クライマー側のロ-プを引きロープが正確に挿入されてるか確認。

(11)セカンドビレイの準備が出来たら、トップは「ビレイOK」コール。セカンドは「登ります」コールを出し、「登ってください」コールを確認したら、セルフビレイを解除して登攀開始。

(12)セカンドのビレイ。

 ・常にたるみのないようにビレイ。一本のロープのみたるみを取る場合、一本だけ持って引く。

 ・ロープはメインロープ上に振り分けながらビレイする。

 ・ビレイしながらの振り分けは地面にロープを垂らしていって、時々綺麗に振り分けてもいい。

 原則、制動手はロープから離さないがフォールしてもビレイデバイスはロックがかかるため、振り分けなおすときは両手を使って可。

(13)セカンドは、終了点に到着したらまずセルフビレイを取って、お互い次のピッチの登攀準備。

・ツルベの場合。ビレイヤーは支点からビレイデバイスを外し、そのまま自分のハーネスのビレイループにビレイデバイスをセット。

・トップが変わらない場合はロープの束をひっくり返して渡すのが基本だが、シビアなピッチではたぐり直して整理。

・お互いにビレイのセットを確認し、装備の受け渡し。

・トップは必ず支点で0ピンをクリップ。登りますコールをかけて、バックアップセルフを解除。

(14)懸垂下降

ルート終了点からは登山道に出て下る場合もあるが、懸垂下降する場合が多い。懸垂下降ルートは登攀ルートと重なってる場合も多く、他のパーティーが登っている場合など、ロープダウンできない場合も多い。その場合は、上からロープを繰り出してもらう。

① クライマー側末端を解除して、懸垂支点に通しダブルロープをオーバーハンドノット2つで連結してから、振り分け。

② ビレイヤー側末端も解除して、末端側から2人で1本ずつ振り分ける。その際の末端は、下降時にキンクしないよう1本ずつダブルオーバーハンドノットですっぽ抜け防止処理。

③ ロープダウンもしくは繰り出しながら懸垂下降。

④ 複数ピッチの懸垂下降の場合、下降点での2回目以降の懸垂下降セット。

 ・次の下降点に着いたら引くほうの色のロープをアンカーに通しておく。

 ・フォローが下降し終えたら順次アンカーに送り込んでいき、結び目がくればあとは引き抜く。

 ・末端側から1本ずつ振り分けていく。

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!