ビレイデバイスを使用した懸垂下降からの登り返し

懸垂下降をを開始してみたけど、ロープが下まで届いていなかった等なんらかの理由で、登り返しが必要な場合の技術。
セカンド確保機能付きビレイデバイスのロック機能を利用してアッセンダーとして使うやり方。   
1. 安全環付クイックドローをランヤードにし、マッシャーでバックアップを取って懸垂下降(ランヤードはPASやスリングでもよい)。
2. 登り返しが必要になったらバックアップで停止し、ビレイデバイスの上側にブリッジプルージックをセットし安全環付カラビナを取り付ける。
3. 取り付けたカラビナとハーネスのタイインループを、60cmスリングで連結し、さらに120cmスリングの下側に足で立ち込める輪をオーバーハンドノットで作りアブミとし、同じカラビナにかける(結び目を2つぐらい作って、足を置く場所の高さを調整できたほうがいい)。
4. ビレイデバイスをダイレクトビレイの形にセット。ビレイデバイスを一度外し、大きな穴に安全環付カラビナを通して、ビレイループにセット。ロープの末端側を引いてビレイデバイスにテンションをかける。


5. 懸垂下降のバックアップ用フリクションノットコードを外す。

6. 片手でフリクションノットをできるだけ上に押し上げてから、アブミに片足をかけ、立ち上がるときにビレイデバイスのロープを引き上げる。
 7. ハーネスに体重を移して足の荷重を抜き、フリクションノットを上に押し上げる。これを交互に繰り返す。

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。