滑落停止の反転方向について

 
滑落停止に入るためうつ伏せに反転する際、どちら方向に回るか。
 
昔は「シャフトを持った手側に反転、反転の勢いを利用してピックを刺す」と僕も教わったが、現在の日山協の指導は「ヘッドを持った手側に迅速反転」。
 
理由としては、反転の勢いで体に刺すことがあり危険だということ。
 
ブレードも肩口に当てるという指導から、肩抜きに変わりつつある(訓練の際にはブレードにテープを巻くという方法もある)。
 
これも、訓練の際に鎖骨折る事故が少なくないからだろう。
 
しかしいざ滑落した際に、鎖骨と命とどちらが大切なのだろうと思わなくもない。
 
止まることが何より重要なことなので、その人がより確実に止まれる方法であれば左右どちらに反転でも僕はいいと思っている。

ちなみにとある重鎮が滑落停止を実演した際、よせばいいのに生徒の1人が今はヘッド側に反転じゃないんですか?と突っかかり、俺は何十年もこのやり方で止めてきたんだ、どっちが止まるか勝負するかボケ!と一喝されたらしい。
 
まあ、どちらからでも反転できるように練習しておくべきだろう。
 
 
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。