フィックスロープの基本

フィックスロープの目的としては、メンバーの力量不足や安全確保のため設置したり、ロープを張ることで恐怖心を取り除く効果がある。
 
また危険個所において大人数を通過させるときにはスピーディーで効果的な確保方法。
 

1. フィックスロープ設置の手順
 
リーダーは、ザック上部に収納したスタッフバックにロープを押し込め、ロープ終端をザックの隙間から外に出し、カラビナでショルダーストラップにかけて行動。
 
① メンバーにセルフビレイを取らせる。
 
② 始点を設置
 
腰から上の位置が望ましい。立木を想定した固定の仕方としては、
 
・ロープを立木に回してボーラインノット。余ったロープの末端を利用し、エイトノットでセルフビレイ用のループを作ってもよい。

・スリングをガースヒッチ(タイオフ)やラウンドターンで立木などに巻きつけ、カラビナにダブルフィギュアエイトノットでロープを固定。

・ロープ末端をダブルフィギュアエイトノットにしてから立木などに1〜2回巻きつけ、延びていくロープにカラビナで固定。
 
など。
 
③ 中間支点を設置
 
 リーダーがアッセンダーやブリッジプルージックなどで、ザックから出していくロープにセルフを取り、中間支点を設置しながら登る。
 
・中間支点の結びは、上下移動の場合、エイトノットを採用、横移動の場合、バタフライノットを採用
 
・立木にスリングをガースヒッチなどで巻きつけカラビナにロープを固定。中間支点の結びは、上下移動の場合エイトノット、横移動の場合バタフライノットが原則。ロープのゆるみは少なく。
(クローブヒッチは、途中でロープ破断が生じた際、解除される範囲が大きくなる。)

・上から通せる杭は3回程度巻くだけでよい。

・鎖のリングへはヌンチャクをかけてロープを通す。
 
③ 終点の設置
 
・始点と同じ要領で設置。
 
・立木への固定はスリングにムンターヒッチ+ミュールノット+オーバーハンドノット末端処理にすると、ロープにテンションを張りやすい。
 
・リーダーはザックを終点のビレイポイントへ残置、始点へ戻りメンバーの誘導。
 
④ 回収
 
・リーダーは始点へ戻り、ロープとランニングビレイを回収しながら終点へ。ザックを背負いロープはチェストコイル。
 
◆リーダーがザックからロープを出しながら設置するのではなく、スタカット方式でビレイしてもらいながら設置する場合もある。立木で支点を取る場合の手順の一例。
 
① スリングをガースヒッチなどで巻きつけて、フォローがムンターヒッチでビレイしリーダーが危険箇所を通過。
 
② 途中の立木にスリングをガースヒッチ、カラビナにロープを通して中間支点とする。
 
③ 終点の立木にスリングをガースヒッチ、セルフビレイを取ってからビレイ解除コール。
 
④ ロープアップしてからクローブヒッチでロープを固定。
 
⑤ 中間がマッシャーで通過。
 
⑥  リーダーはクローブヒッチでの固定からムンターヒッチでのビレイに切り替える。 ラストはエイトノットをハーネスに結び支点回収しながら最後に通過。
 

2. 通過の手順

① ロープにフリクションコードをブリッジプルージックで巻く(ブリッジプルージックは解除がしやすい、巻くときに1巻きずつきっちり締めるのがコツ)。

② 60cmスリングをランヤードにして伸ばす(PASなどのセルフビレイコードでもよい、手が届く長さに)。
 

 
③ 親指と人差し指でローブをつまみフリクションノットを押しながら登る。
・転落時に結び目は絶対に握らない。
・ロープに全面的に頼らず、ホールドの一つとして使用。
・支点と支点間に複数の人が行動しない。

④ 中間支点では、もう1枚のカラビナを先にセットしてから掛け替えをする。
 
⑤ ラストはロープ固定を解除しハーネスに連結。中間支点回収しながら通過。リーダーがビレイする。

3. アッセンダー使用の場合
 
・セルフビレイコードにアッセンダーを装着して登っていく(両手を自由にする必要がある登攀はビレイループに直接カラビナで装着。但しランヤードで伸ばさないと行動の自由度は狭まる)。
・上下の向きを間違えないよう注意。
 

 
・掛け替えはセルビレイコードにもう1枚のカラビナをセットしておき先に掛ける。
 
4. カラビナ素通しの場合
 
・状況に応じてカラビナ2枚使って掛け替え通過する。
(カラビナ素通しは、中間支点の前後ロープ両方同時にカラビナ一回通せるなら、カラビナ1枚でも対応可。)
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。