振り分け降ろし救助(リーダーレスキューとセカンドレスキュー)

 登攀中にトップ(リーダー)あるいはセカンドが落石や墜落等により行動不能になった場合を想定し、1本のメインロープを使用してテラスまで移動させるための救助技術。

それぞれの手順の一例。

◆リーダーレスキュー

1. ビレイからの自己脱出

① レッグループのカラビナで1ターンさせミュールノット+オーバーハンドノット仮固定。カラビナでバックアップをとれば確実。

 ② ダブルロープのうち、最終ランナーにかかってるほうのロープにスリングをクレイムハイストで結び支点にセット。

③ テンションロープにかかってるテンションを支点に移したら仮固定解除。

④ テンションロープにダブルフィギュアエイトノットで輪を作り、支点にかけてバックアップを取ったらビレイ解除。

2. 登り返し

① 登る前にノンテンションロープは後で上げるために捌いておく、またあとで落とさないように、ビレイループに付けたカラビナに通しておく。

② テンションロープにPASをランヤードにタイブロックをセットし、フリーロープにはマイクロアッセンダーでバックアップ。(他のアッセンダーかフリクションヒッチでも可)

③ タイブロックをスライドさせながら登り返し。

④ 要救助者まで登り返して状態確認と応急処置。フリーロープからアッセンダーを外して要救助者上部のランナーへ。

3. 支点構築

① 要救助者上部のランナーまできたら、セルフビレイを取り2か所から支点構築。

② フリーロープを引き上げて、末端をダブルフィギュアエイトノットでカラビナに固定。アッセンダーを解除して懸垂下降用ロープとする。

4. 振り分け救助準備と懸垂下降

① PASの途中に下降器をセットし、先端にカラビナをかけて要救助者用とする。PASの長さは要救助者1:救助者2が目安。

② マッシャーバックアップで懸垂下降。

③ ビレイループの一番下にカラビナをかけてロープをワンターン。マッシャーの上でロープを握りながら下降するとより制動を高められる。

④ 懸垂下降し要救助者に近づき、PASの先端のカラビナを要救助者のビレイループにかける。

⑤ テンションロープをカット。

⑥ 自力で動けるときは後ろからサポートして介助下降。自力で動けなければ背負い懸垂。

◆セカンドレスキュー

1. 自己脱出

① テンションのかかってるダブルロープのうちどちらかにマイクロトラクションをセットし、支点にガイドヌンチャクで固定。バックアップとしてテンションロープの途中にエイトノットを作り支点に固定。

② ビレイデバイスのリリースホールに細いスリングをタイオフして、支点のカラビナでターンさせてPASに固定、しゃがみこんでテンション抜く。ビレイデバイスを解除してテンションを支点に移行。

2.  振り分け救助準備と懸垂下降

① あらためてセルフビレイを取り、ダブルロープをハーネスから解除し、テンションのかかってないロープをエイトノットで支点に固定。

② PASの途中に下降器をセットし、先端にカラビナをかけて要救助者用とする。PASの長さは要救助者1:救助者2が目安。

③ マッシャーバックアップで懸垂下降。

④ ビレイループの一番下にカラビナをかけてロープをワンターン。マッシャーの上でロープを握りながら下降するとより制動を高められる。

⑤ 懸垂下降し要救助者に近づき、PASの先端のカラビナを要救助者のビレイループにかける。

⑥ テンションロープをカット。

⑦ 自力で動けるときは後ろからサポートして下降。自力で動けなければ抱きかかえて下降。

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。