東天狗岳

 
【日程】 2020年1月25日(土)~26日(日)
【天候】 曇り時々晴れ
【山域 山名】八ヶ岳 東天狗岳
【目的】 雪山登山(会山行 雪山教室)
【CT】 
1/25 新宿西口(7:00)集合ー渋の湯(11:00-11:20)・・・八方台方面・渋の湯方面分岐(12:20)・・・渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐(12:50)・・・黒百合ヒュッテ着(13:35)・・・滑落停止訓練(14:00-15:00)・・・机上研修(17:00-17:30)・晩ご飯(18:00)・就寝(20:30)
1/26 起床(5:30)・朝食(6:30)・黒百合ヒュッテ発(7:30)・・・中山峠(7:35)・・・天狗の鼻(8:50)・・・東天狗岳(8:50-9:10)・・・中山峠(9:55)・・・黒百合ヒュッテ(10:10)・・・ツエルト設営訓練(10:10-11:10)・・・渋ノ湯・唐沢鉱泉分岐(11:35)・・・八方台方面・渋の湯方面分岐(11:55)・・・渋御殿湯(12:40-14:00)ー新宿西口(17:40)解散
【参考記録】  宿泊費8,800円/1人、バス代(往復)11,300円/1人
  
 
会の雪山教室スタッフで東天狗岳へ。雪山を始めて間もない頃に嫁と来て、強風の稜線でカチコチに凍ったおにぎりに涙目が思い出される山。
 
新宿から貸切バスで登山口のある渋の湯へ入る。駐車場前の水たまりが凍っていてスケートリンク状態。
 
 
渋御殿湯前でアイゼン装着して、僕がトップで出発。
 
 
少し進むと登山ポストがあり、その右側の橋を渡ってオオシラビソ、コメツガなどの樹林帯の中を登り始める。
 
 
 
気温は低くなく、アンダーウェアの上にアウターでも暖かい。
 
登り始めてすぐ、左足のアイゼンが外れたと思ったら、調節プレートから後部が脱落してる。
 
対応するのにも時間がかかりそうだったので、とりあえず片足だけアイゼンで歩く。
 
八方台方面との分岐、唐沢鉱泉との分岐を過ぎて、黒百合ヒュッテ到着。
 
 
ここまではツボ足でも十分に歩ける登山道の状態だった。積雪は暖冬の影響でやはり少ない。
 
小屋で受付を済ませてから、小屋前の斜面をラッセルしながら上がって滑落停止訓練。
 
 
左が東天狗岳、右が西天狗岳。
 
 
小屋に戻って小宴会。
 
 
そして、寝床の3階屋根裏部屋で机上講習。テーマは、遭難の事例とその要因と対策、リーダーとメンバーの役割など。

夕ご飯、そしてまた宴会。
 
黒百合ヒュッテは初めて泊まるが狭くてぎゅーぎゅー。
2日目、朝ご飯を食べ装備を整えて出発。黒百合ヒュッテからはアイゼンとピッケルに。
 
 
昨日、プレートから脱落したアイゼンは、なんとか復活。
 
中山峠を過ぎ、森林限界を超えて稜線に出ると風が強まり、アウターのフードなどで防備。それでも、思ってたほど風は強くない。
 
 
ゴツゴツとした岩場を抜けながら高度を上げていくと、あっけなく山頂へ飛び出る。全員無事に登頂。
 
 
東天狗岳山頂。ホワイトアウトで何も見えない。
 
 
僕はメンバー1名をショートロープで確保しながら下降。
 
 
黒百合ヒュッテまで戻り、次はツエルト設営訓練。
 
ストックを使い自立させる。張り網を雪面にどうやって固定するかが一つのポイント。
 
 
ロープを立木に固定し、クレイムハイストでテンションをかけた張り方。
 
 
ツエルトの訓練を終えて渋の湯まで下山。下山はメンバーの中からトップを指名して、昨晩の机上講習の実践。素晴らしいトップでした。
 
渋の湯まで下山して、源泉垂れ流しばしゃばしゃばしゃ。ここの源泉は冷たい、すぐに加温された湯に避難。汗流してさっぱり。
 

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!