上級救命講習

 
2月2日(日)、ガイド研修の一環で東京消防庁の上級救命講習を受講。
 
合格すると東京消防庁消防総監名の技能認定証(3年間有効)が交付される。
 
普通救命講習は受講して認定を持っているが、上級を受講するのは初めて。半日講習の普通救命とは違って上級は丸一日の講習。
 
講習会の主催は公益財団法人 東京防災救急協会で、今回は団体講習として渋谷消防署内で実施。
 
心肺蘇生やAED、異物除去、止血法などの普通救命講習の項目に、上級は小児・乳児の心肺蘇生、傷病者管理、外傷の応急手当、搬送法などが加わる。
 
講習時間は8時間で講習料は2600円(テキスト、三角巾、マウスピース代込み)。
 
ちなみに個人で受講する場合、Webから申込できるが、日程は普通救命ともになかなかの混雑ぶり。
 
東京都以外の自治体でも同じように実施されていて、内容や料金などは若干異なる様子。
 
講習が行われる会議室には実習用の人形が何体も横たわっていて、思わず手を合わせたくなる。
 
 
講習は当日配布されるテキストに沿って進められる。
 
 
講習の大まかな流れは、
 
・倒れてる人を見つける~胸骨圧迫(実技練習)
・胸骨圧迫+人工呼吸(実技練習)
・ ADE(実技練習)
・心肺蘇生の実技テスト(倒れてる人を見つける~AED、一連の流れを通して実施)
・昼食
・小児と乳児の心肺蘇生(実技演習)
・気道異物除去方法
・止血方法
・外傷の応急手当
・三角巾使った包帯法練習
・毛布での保温方法や搬送方法(実技演習)
・救急車の利用方法
・筆記テスト(80点以上合格)
 
 
心肺蘇生はできれば1年に1回ぐらいは練習する機会を設けるようにしないと、いざというときに躊躇なく出来ないだろう。
 
三角巾は会でもたたみ方はじめ、基本的な使い方を学ぶ機会はあるが、この日は色んな使い方を学べて勉強になった。
 
筆記テストを終えて答え合わせをしたあと、答案回収し終了。100点で気持ちいいい。
 
全員無事合格。認定証は後日送付ということ。
 
指導員の指導の仕方も大変わかりやすく。有意義な一日だった。皆さん、お疲れ様でした。
 
 
 
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。