山岳ナビゲーションの基礎知識

山の全体像を概念的に把握して登山計画を作成、そして実際ナビゲーションをするにあたって必要となる最低限の知識。

① 歩行タイム基準

・平地での歩行タイム基準

 1km=15分(4kmで1時間)

・山での歩行タイム基準

 距離1km=20分、高度100m=15分 で考える。

<例>水平距離1㎞で高度200mを登る場合

→20分(水平距離1㎞)+30分(高度200m)=50分

1/25000地形図において、

・計曲線(太線)・・・50mごと

・主曲線(細線)・・・10mごと

(Aは標高270m~280mの間、Bは280m~290mの間)

・等高線の間隔が狭い=傾斜は急

・等高線の間隔が広い=傾斜は緩やか

(AよりBが緩やか)

③ 地形図上の水平距離

・1km=4㎝(1/25000)=8cm(1/12500)

・1cm=250m(1/25000)=125m(1/12500)

④ 地形図上の傾斜角度

・22度=1mm(1/25000等高線間隔)=2mm(1/12500等高線間隔)

⑤ 磁北線

・コンパスの指す「北(磁北)」と本当の「北(真北)」は一致していない。

・地形図欄外の「磁気偏角度数」より、1/25000地形図では4㎝間隔(1㎞間隔)で磁北線を引く。

⑥ 尾根と谷

 ・山は交互に位置する「尾根」と「谷(沢)」で構成。

・登山は「尾根」「谷(沢)」「斜面」のいずれかを必ず歩いてる。

・尾根はピークでY字路(あるいはY字路の変形T字路)に派生することが多い。

・ Y字路の尾根の派生方位を測定することで現在位置を特定できる。

・尾根はピークより派生し沢に没する。

・鞍部の両側には沢が突き上げてることが多い。

・沢はピークと鞍部より派生する。

・尾根は登りではピークで支尾根が合流、下りではピークで支尾根が派生。

・等高線が10m未満のため、それに満たないピークは地形図上に表記されない(隠れピーク)。

・隠れピークがある地点には、尾根が派生してることが多い。

⑦ 尾根の登り

・尾根の登りではピークで支尾根が合流してくるため、ピークを目指していけば稜線や頂上に着き迷いづらい。しかし尾根末端から取り付けるとは限らない。

⑧ 尾根の下り

・ピークで支尾根が派生していくため、支尾根に入り込み迷うリスクがある。

・尾根はピークでY字路になってることが多いので、次の(ピークでの)分岐は、原則「左前方」か「右前方」のはず。

・尾根の中心を意識して歩き、支尾根にひきずりこまれないよう注意する。

⑨ 雪山のナビゲーション

・一般登山道とはルートが異なる場合もあるため、コンパス、スマホGPSで現在地を確認しながらナビゲーション。

・雪崩を避けるために基本的には尾根上にルートをとる。

・雪庇が張り出す場合があるため風向きに注意(雪庇は風下側にできる)して、ニセ尾根上を歩かない。

・ホワイトアウト時はスマホGPSが有効だが、状況によっては行動を控える。

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。