「竹取物語/伊勢物語/堤中納言物語/土左日記/更級日記 (池澤夏樹 日本文学全集03)」

 
平安時代に書かれた古典の名作を現代語訳であらためて読んで感じることは、人の心は、当時も令和の世も何も変わっていないのだということ。
 
不完全な人の姿にほっとする。
 
という出だしだけはよく覚えている。
 
嘘八百並べながらなんとか彼女にしたいと奔走する滑稽な姿。
 
実は超わがまま小悪魔娘というキャラクターだったんだな。
 
本当はもっと高尚なテーマ?)。
 
「むかし、男ありけり」という冒頭があまりにも有名な「伊勢物語」。当代の美男モテ男、在原業平の物語というのが通説。
 
ほとんどが女の話じゃないか。
 
僕も次に生まれ変わるときは平安時代の貴族熱望。
 
 「堤中納言物語」の短編はけっこう記憶に残ってるものが多かった。

いいところの御嬢様だけど、超オタク系みたいな感じだろうか。
 
女性のフリして書いた日本で最初の仮名日記。今で言えばネカマ?
 
僕も教科書でしか読んでないこの文章だけは今も覚えている。
 
すいと考えたのか。
 
すけど。
 
いった感じだろうか。
 
当時はドラマではなくて、「源氏物語」に代表される物語が少女たちの憧れの世界だったわけだ。
 
いつの時代の少女も、夢みることに変わりはない。
 
 
 
 
<img border="0" src="//ws-fe.amazon-adsystem.com/widgets/q?_encoding=UTF8&amp;MarketPlace=JP&amp;ASIN=4309728731&amp;ServiceVersion=20070822&amp;ID=AsinImage&amp;WS=1&amp;Format=_SL250_&amp;tag=kaoruaa-22">
<img alt="" border="0" height="1" src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=kaoruaa-22&amp;l=am2&amp;o=9&amp;a=4309728731" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1">
 
竹取物語/伊勢物語/堤中納言物語/土左日記/更級日記 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集03)
<img alt="" border="0" height="1" src="//ir-jp.amazon-adsystem.com/e/ir?t=kaoruaa-22&amp;l=am2&amp;o=9&amp;a=4309728731" style="border:none !important; margin:0px !important;" width="1">

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!