多摩よこやまの道〜小山田緑地〜鶴見川源流

 
【日程】 2020年4月5日(日)
【天候】 曇り
【山域 山名】 多摩丘陵 多摩よこやまの道〜小山田緑地〜鶴見川源流
【目的】 トレイルラン
鶴見川源流の泉(14:40)・・・唐木田駅(15;30)
  
 
近くの多摩丘陵里山ラン。多摩よこやまの道〜小山田緑地〜鶴見川源流〜唐木田まで20kmあまり。
 
万葉集で多摩の横山と詠まれた尾根は現在、多摩よこやまの道というトレイルが整備されてる。
 
若葉台駅前から走り始める。
 

10分ほどで多摩よこやまの道東側の起点に到着。
 
 
タチツボスミレが多く咲いてる。
 
 
ハナニラ。
 
 
ムラサキハナナ。
 

国士舘大学脇を通過。アメフト部は普通に練習中の様子。
 

鎌倉古道や奥州古道などの古街道が南北に交差する。
 
かつてこの尾根の川崎側に鎌倉幕府20万の大軍勢が息を潜めて新田義貞勢を迎え撃ったとか。歴史に思いを馳せるのも楽しい。  
 
 
恵泉女学園を覗き込んだが誰もいない残念。
 
 
一本杉公園を通る。
 
 
左手にゴルフ場を見ながら小山田緑地方面へ。
 
 
う。
 
 
境内にある118mピークは墓所になっていた。
 
 
さらに寺の裏側からフィックスロープを使って登ると小山田城本丸跡に。
 
 
鎌倉幕府有力御家人であった小山田氏。歴史が偲ばれる場所。
 
ここから鶴見川源流の泉へと足を伸ばす。もっと山奥を想像してたが、普通に車道沿い。
 
 
桜もまだ残ってる。
 
 
よこやまの道に戻って最後は唐木田駅で終了。
 
トレイルとロードと、ほとんど人とすれ違うこともなく、なまってた体にいい刺激となった。
次は家から尾根緑道と繋いで走ってみるか。
 
 
 
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。