『すべて真夜中の恋人たち』川上 未映子(著)

 
アルコールの力を借りないと人と接すことができなくなっていく。

そんな彼女が、儚いけれどそれだけがあれば生きていける光を見つける物語。
 
高校時代、初めてのセックスのエピソードは本当にやるせない。魂が損なわれることのやるせなさ。
 
途方もなく長い時間が必要だ。
 
34歳の孤独なフリーランス校閲者である冬子。彼女が唯一関りを持ってる女性が大手出版社の社員である石川聖。
 
同性からは超嫌われて、誰とでも寝る女と陰口を叩かれる。
 
そんな全く対極にいる二人が次第に友情に近い感情を育んでいく。
 
物語はさらに、彼女が58歳の三束さんと偶然に出会い、週に1回喫茶店で会話するだけの静かな関りが進行していく。
 
三束さんと会って静かな会話をする姿はなんともいとおしい。
 
筆者のあまりにも美しい文章。この文章がやはり作者最大の魅力。
 
 
「真夜中は、なぜこんなにもきれいなんだろうと思う。
 
わたしはこの真夜中を歩きながら思いだしている。

光をかぞえる。

あるいはこれからどこかへゆく人の手のなかの携帯電話。

真夜中は、なぜこんなにきれいなんですか。

真夜中はどうしてこんなに輝いているんですか。

どうして真夜中には、光しかないのですか。

(中略)

真夜中の光はとくべつなんですよ。

そうですね、三束さん。なんでもないのに、涙がでるほど、きれいです。」
 
 
真夜中という真っ暗な世界だからこそ光が見える。真夜中の暗闇を経験した人にこそ、本当の光が見える。
 
ラストは切なくもきれいな光。
 
 
 
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。