南秋川 矢沢本流

 
【日程】 2020年7月19日(日)
【天候】 晴れ 
【山域 山名】奥多摩 南秋川 矢沢本流
【目的】 沢登り
宮の沢BS(15:00)
 
ダラダラ梅雨空で計画中止が続く週末。前日になって予報が好転したので急遽近場の沢へ。南秋川 矢沢本流を軍刀利沢出合まで。
 
う。
 
矢沢橋を渡ってすぐ、ピンクテープのある踏み跡を辿って入渓。
 
 
久し振りの沢、気持ちいい。釣り師が1人入ってたので邪魔しないように静かに歩く。
 
しかしすぐに水流激しい二段滝が現れる。釜は深そうで、左から巻けそうだがちょっとロープ欲しい感じ。
 
 
ソロなので無理はせずにちょっと戻って左岸から一度林道へ逃げることに。落合橋の手前あたりから再び入渓。
 
 
僕以外、誰の姿もない。癒し系の流れ。
 
 
と思ったら土砂が崩れて工事中か。
 
 
ヒラヒラヒラ。
 
 
小滝は左側から。
 
 
ここも無理せず戻ることに。
 
 
しかしどこをどう探しても林道に上がれそうなポイントはない。恐らくここだろうなという箇所は土砂崩れを起こして上がれなくなっていた。
 
 
仕方なくさらに戻ってから斜面を登って林道へ。
 
 
梅雨空がずっと続いているが、久し振りに青空見たような。
 
 
しばらく矢沢林道を歩いてから再び沢へ降る。
 
軍刀利沢出合で脱渓。この先の軍刀利沢は来月また会の例会で来る予定だ。
 
 
イワタバコ。
 
 
林道を戻って熊倉林道との分岐まで来たら、矢沢林道のゲートは災害復旧工事で通行止めになっていた。
 
 
一部たしかに土砂が崩れてる箇所あり。
 
南郷BSに到着したら次のバスまでだいぶ時間があったので、宮の沢BSまで歩くことに。
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。