御在所岳 藤内壁 一の壁

 
【日程】 2020年8月2日(日)
【天候】 晴れ 
【山域 山名】 鈴鹿山脈 御在所岳 藤内壁 一の壁
【目的】 フリークライミング
【CT】藤内小屋(7:20)・・・藤内壁出合(7:50)・・・藤内壁 一の壁(8:00-12:10)・・・藤内壁出合(12:20)・・・藤内小屋(12:45-13:15)・・・御在所岳裏道国道入口(13:40)・・・湯の山温泉・御在所ロープウエイ前(14:00-14:15)ー<三重交通バス>ー近鉄湯の山温泉BS(14:25)・・・湯の山温泉駅(14:30)ー<近鉄名古屋線>ー名古屋駅(15:50)解散

御在所2日目。前尾根をやった翌日、東京へ戻る前に午前中だけ一の壁でクライミング。
 
朝ご飯を食べてから藤内小屋を出て、昨日と同じく北谷を進み藤内沢出合へ。
 
 
藤内沢出合から北谷を渡渉して左方向の藤内沢へ。テスト岩から前尾根方向の右ではなく左へ。ちょっとしたバリエーションのアプローチ。
 
 
人気のエリアだけに先行パーティがすでに複数入ってる。
 
 
昨日登った前尾根が見える。
 
 
一の壁初見の僕は、入門と言われる2ルート(Ⅳ)を登ってみることにして順番待ち。
 
 
左のクラックに沿って登っていく。ピンはあるけど、1ピンと2ピン目の間が少しランアウトしてたのでカム#1を1つ使った。
 
右のフェイスを探してもホールドはほとんどなく、左のクラックに入り込むのがポイントだと途中で気づく。
 
 
終了点で支点構築してフォローが登ってきたら左側から歩いて降りた。
 
次はリードを交代してもう一度登る。ほかの組もこのルートか、右側の3ルート(Ⅳ+)を登る。
 
 
最後に左ルート(Ⅴ)に1組チャレンジして終了。
 
 
藤内小屋に戻る。
 
 
小屋の皆さんには本当にお世話になった。アットホームで本当に素晴らしい小屋だ。
 
ロープウェイ前に下山ソフトクリームべろん。バスと電車を乗り継いで名古屋駅で解散。楽しい2日間だった。皆さんお疲れ様でした。
 

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!