小川山 ガマスラブ、春のもどり雪

 
 
 
【日程】 2020年8月9日(日)
【天候】 晴れ 
【山域 山名】 奥秩父 小川山 ガマスラブ、春のもどり雪
【目的】マルチピッチクライミング
30)泊
 
仲間と小川山クライミング&キャンプ。1日目はガマスラブでアップしてから春のもどり雪マルチビッチ。
 
明大前で落ち合い、仲間の車に乗せてもらう。ナナーズで先発隊と合流して食材買い出しにんにくにくにく。
 
 
コロナでみんな遠出控えてるんじゃなかったのか。
 
 
金峰山荘。
 
 
マイテントを設営してこの日登るルートのミーティングをしてから出発。
 
 
まずは八幡沢を越えて、ケルンを目印に右を登ってガマスラブ。
 
 
左側のルートをアップで2本登る。久し振りの花崗岩スラブ。
 
 
次に八幡沢に入って、春のもどり雪取り付きを目指す。
 
 
堰堤の上から右にガレ沢を上がって、最後左に渡り小さなテラスのある取付へ。
 
 
2組に分かれて登攀開始。アプローチシューズはデポ。
 
1P目(5.7)フォロー。ラインが2本あり右が正規ルートらしい。最初の5mが核心。
 
 
支点は右壁のボルト。
 
 
バースした。
 
フレークを登って立木の先のボルトで支点構築。
 
 
木の生えたテラスへ出る。
 
4P目(5.7)。垂直コーナークラックを上がる。離陸時、置いてある木に上がるといい。クラックでカム。左からも巻ける。
 
 
そこから少し下って左にトラバースしていくと取付き点へ戻る。
 
 
ガレ沢を下り、廻り目平キャンプ場へ戻ってコインシャワーで汗を流す。3分100円。
 
 
夜はBBQ。タープにランタン、朝ナナーズで買ってきたお肉をじゅーじゅー超テンション上がる。周到にキャンプ準備してくれた仲間に感謝。
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。