前穂高岳北尾根 ①上高地~涸沢(8/27~8/28)

 
【日程】 2020年8月27日(木)~30日(日)
【天候】 8/27晴れ 8/28晴れのち曇り 8/29 晴れのち曇り  8/30晴れ
【山域 山名】 北アルプス 前穂高岳北尾根
【目的】アルパインクライミング
【CT】
8/27(前泊)
高尾山口駅(20:30-20:50)集合ー沢渡市営第2駐車場(24:20)
8/28(1日目)
沢渡(5:45)ー(タクシー)ー大正池(6:05)・・・田代池(6:25)・・・ウェストン碑(6:50)・・・上高地西糸屋山荘(7:00)・・・河童橋(7:10)・・・小梨平(7:15)・・・明神館(8:00)・・・徳澤園(8:50-9:20)・・・横尾(10:15-10:30)・・・本谷橋(11:25-11:40)・・・Sガレ・・・(12:45)・・・涸沢ヒュッテ(13:20)
8/29(2日目)
涸沢ヒュッテ(4:00)・・・5・6のコル(5:40-6:10)・・・5峰頂上(6:40)・・・4峰頂上(7:40)・・・3峰取付(8:15)・・・2峰頂上(10:20)・・・前穂高岳山頂(10:40-11:20)・・・紀美子平(12:00-12:20)・・・岳沢小屋(14:10-14:35)・・・見晴台(15:35-15:45)・・・風穴(15:55)・・・岳沢登山口(16:30)・・・河童橋(16:45)・・・上高地西糸屋山荘(16:50)
8/30(3日目)
上高地西糸屋山荘(8:50)・・・河童橋(8:55)・・・上高地ビジターセンター(9:10-9:55)・・・河童橋(10:00-10:10)・・・上高地西糸屋山荘(10:15)・・・上高地BT(10:30)ー(タクシー)ー沢渡市営第2駐車場(11:00)ー松本 榑木野本店(12:00-12:40)・・・高尾山口駅(16:10)解散
 
会の仲間と前穂高岳北尾根。久し振りに大きな山でのアルパイン。沢渡に前泊して、初日は上高地から涸沢まで入る。
 
高尾山口駅前に集合し仲間の車で沢渡まで。沢渡で前泊。
 
翌朝、タクシー2台に分乗して大正池まで。沢渡~大正池までのタクシー代は定額制で3,900円(沢渡~上高地4,600円)。
 
 
冬はあるけど、夏に大正池から上高地まで歩くのは初めてかも。
 
 
大正池が鏡のようになって逆さ焼岳。
 
 
少しずつ秋の気配も。
 
 
田代池。
 
 
ウエストン碑。ちなみに僕らがここを通過して2時間後にクマが目撃されたらしいと、下山後にビジターセンターの情報で知った。上高地ここのところクマがウロウロしててクマった。
 
 
下山してから宿泊予定の西糸屋山荘さんが荷物を預かってくれるということで、立ち寄って不要な荷物をデポ。
 
 
河童橋。
 
 
焼岳。
 
 
穂高連峰。
 
 
小梨平キャンプ場はクマ出没事件以降、いまだ閉鎖中。
 
 
明神館で小休止。
 
 
明神岳。
 
 
晴れてよかった。
 
 
徳沢キャンプ場から望む明神岳と前穂高岳。
 
 
徳澤園でカレー食べてパワーチャージ。
 
 
前穂北尾根。明日はあそこを登攀している。
 
 
横尾から岩小屋跡。
 
 
屏風岩が迫る。
 
 
本谷橋で小休止。汗ダラダラの顔に沢水が冷たくて気持ちいい。
 
 
最後ひと踏ん張りして久し振りの涸沢ヒュッテ着。
 
 
新型コロナウイルス感染症対策で、受付時まず検温。36.5℃でホッとしたが、ここで熱あったらどうなるんだろうか。
 
新館の屋根裏みたいな個室を与えられて荷物を置いてから、とりあえずデンオー食べながらテラスでくつろぐ。
 
 
涸沢からの眺めは相変わらず素晴らしい。
 
 
夕食は完全入替制で、感染防止のため対面は空けてある。食堂に入る前に消毒、そしてマスク入れのビニール袋を渡された。かなり対策が徹底されてる印象を受けた。
 

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!