前穂高岳北尾根 ②涸沢~前穂高岳~上高地(8/29)

 
◆8/29(2日目)コースタイム
涸沢ヒュッテ(4:00)・・・5・6のコル(5:40-6:10)・・・5峰頂上(6:40)・・・4峰頂上(7:40)・・・3峰取付(8:15)・・・2峰頂上(10:20)・・・前穂高岳山頂(10:40-11:20)・・・紀美子平(12:00-12:20)・・・岳沢小屋(14:10-14:35)・・・見晴台(15:35-15:45)・・・風穴(15:55)・・・岳沢登山口(16:30)・・・河童橋(16:45)・・・上高地西糸屋山荘(16:50)
 
2日目、前穂北尾根を登攀して前穂高岳登頂。重太郎新道から岳沢を下り上高地へ一気に下山。
 
AM3:15起床、ヘッデンつけて4時ちょうどに涸沢ヒュッテを出発。
 
 
かなり向こうにヘッデンの明かりが2つ見えて先行パーティがいる様子。
 
涸沢ヒュッテの裏の池の端を通り、小さくなった雪渓の左端を進む。
 
真っ暗でルートが分かりづらく、少し迷いながらも左に折れて5・6のコルの沢へ。沢の左側、草付き沿いを九十九折で登る。
 
 
次第に明るくなってきてトレースもはっきりするように。
 
 
素晴らしい穂高の眺望に思わず足を止める。
 
 
る。
コルから右側が涸沢側、左側が奥又白側。
 
る。
 
 
僕らも準備を整えて、まずは目の前にそびえる5峰の登攀を開始。
 
 
雲海の上に富士山が顔を出す。
 
 
ロープ出さずに問題なし。
 
 
5峰頂上から、4峰への稜線左側下をトラバースして4・5のコルへ。
 
 
続いて4峰。
 
 
リッジ沿いを登り、上部は大岩基部から左側を巻いて涸沢側稜線へ戻る。
 
 
とにかく岩が不安定で浮石多くて気を抜けない。無造作に手足を置いたりせず、慎重に確かめながら集中して登る。
 
底にものすごい音を立てて落ちていき肝を冷やした。
 
地震以降さらに不安定になってると聞いた通りで、3峰よりもむしろ4峰が核心と感じた。集中を切らさずに4峰頂上へ。
 
 
パートナーはアプローチシューズのまま登攀継続。
 
3峰はコルから20m上がった大岩下にリングボルト2つあり、ここでロープ出して取付く。ロープはエーデルリッド カナリー プロドライ 8.6mm 50mデビュー。シングルとダブルで使用できるロープでは最細最軽量。
 
僕が1組目トップバッターでリード。
 
 
残置ハーケンでプロテクション取りながら左上に登っていく。シングルロープにしたため、アルパインヌンチャクでランナーの長さとる。
 
 
右の涸沢側に戻ってチムニー手前テラスの直前にあるピナクルでピッチを切った。
 
 
すぐ上のテラスの支点は2組目に譲る。
 
 
どちらでもいけそうな感じ。
 
 
2組目も上がってくる。
 
 
眼下に涸沢。
 
 
続いて3ピッチ目で3峰は終了。頂上の右から巻きながら続けて2峰へ。
 
緩く問題なし。
 
 
そこから8mばかり懸垂。
 
 
前穂本峰の緩やかな岩稜をしばし歩き前穂高岳山頂へ。
 
 
2組目、3組目と後続も無事に登攀を終え、満足な表情を浮かべてやってくる。山頂で装備解除。カムは保険で3本持ってきたけど使わなかった。
 
前穂山頂から岳沢小屋までの重太郎新道は、急坂の悪路。登攀を終えても気を抜けずに慎重に下降していく。
 
そして下山路、ようやく花の写真を撮る余裕が。
 
 
イワギキョウ
 
 
トリカブト
 
 
ハクサンフウロ
 
 
サラシナショウマ
 
 
岳沢小屋で一休み。奥明神沢をやったのが懐かしい。
 
 
ここからは上高地までテクテクと下る。しかし疲れた体には意外と長い。
 
見晴台で休憩。
 
 
風穴からは天然クーラーの風が。
 
 
およそ13時間の行動の末、上高地に無事下山。
 
 
この日はもう1泊、西糸屋山荘でのんびりと。
 
ンツ買いに行った。
 
おいしい晩ご飯。そして部屋で宴会。
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。