自己脱出(アッセンダーを使用した登り返し)

アッセンダー2つを使用した登り返し手順の一例。マイクロトラクション+ロールンロックを使用。
ロープを登高するのは、宙吊りからの自己脱出や再度の登り返しなど。
1本のロープを使用して登高する場合、バックアップも兼ねて2つのアッセンダーを使用する。アッセンダーがロープから外れてしまったり、ロープ上でスリップしてしまうリスクがあるため。
アッセンダーがない状況での登り返しの場合は、フリクションヒッチ2つを使用して対応。
 
【装備】
・ロールンロック
・アブミ用120cmスリング
・リボルバー
・マイクロトラクション
・セルフビレイコード
① 宙吊りになった状態から、ビレイループのエイトノット真上にマイクロトラクションをギザギザを下向きにセット。
 ② ロールンロックを上部にセットし、セルフビレイコードに連結して引き上げる。
 ③ ロープを掴みながら、フットループに右足で乗り込み、ロープがゆるんだらマイクロトラクションとハーネスのビレイループをカラビナで繋ぐ。
 ④ マイクロトラクション下から出たロープを、ロールンロック下のリボルバーで折り返す。
 ⑤ ロールンロックを引き上げる。
 ⑥    ロープを掴みながら、フットループに右足で乗り込み、ゆるんだ分のロープをマイクロトラクション下から左手で引き上げる。
・足は膝の高さぐらいを目安に上げる。
・垂壁以下の場合、乗り込む際は足を壁につけて、体を壁側から剥がされず真上に持ち上げるイメージ。
⑦ ロールンロックを引き上げる。以降、繰り返し。

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。