フリクションヒッチを使用した懸垂下降からの登り返し

ロープを登高するのは、宙吊りからの自己脱出や再度の登り返しなど。アッセンダーの装備がない場合、フリクションヒッチを2か所作って登り返す。 


【懸垂下降からの登り返し手順一例】 
① マッシャーで下降停止。 
② バックアップのため、テンションのかかってない下のロープにエイトノットを作ってハーネスのビレイループにカラビナでかけておく。 
③ 下降器より上方にフリクションヒッチを作りセルフビレイコードと連結(手が届く範囲に)。 
※フリクションヒッチの選択と巻き数は、登り返すロープが1本か2本か、またロープ径によっても異なる。効きすぎると押し上げられなくなる。写真はブリッジプルージックだが、空中での登り返しなどの場合はマッシャーのほうが解除しやすい。 
④ フリクションヒッチを押し上げて十分効かせる。 
⑤ フリクションヒッチに荷重が移動するまで下降。 
⑥ 下降器を解除。 
⑦ 下部にもう一つフリクションヒッチを作り、アブミとして使う120cmスリングを連結(オーバーハンドノットを作るなどして長さを調節。)。スリングは足の甲にガースヒッチで巻き付ける。 別のスリングをランヤードにしてハーネスのタイインポイントとフリクションヒッチを連結。
⑧ フリクションヒッチを押し上げて足の位置を膝の高さぐらいまで上げ、ロープを掴みながら真上に立ち上がる。このときプルージックを絶対に握らない。 
⑨ 上部のフリクションヒッチを押し上げて体重を預ける。 
⑩ 以降、繰り返し。

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。