北穂高岳東稜 ①上高地~涸沢(9/10~9/11)

 
【日程】 2021年9月10日(金)~13日(月)
【天候】  9/11雨のち曇り 9/12曇り/晴れ 9/13晴れ
【山域 山名】 北アルプス 北穂高岳東稜
【目的】 アルパインクライミング
【CT】
9/10(金) 渋谷マークシティ(22:00)ー(さわやか信州号)ー車内泊
・・涸沢ヒュッテ(14:20)泊
17:20)泊
15:50)ー(あずさ44号)ー八王子駅(18:10)
 
北アルプス人気の岩稜バリエーション北穂東稜へ。
 
でもこの歳になると夜行バスはちょっと辛い。
 
 
出発。
 
 
小雨降る河童橋。雲の向こうに穂高。
 
 
クマが出てしばらく大騒ぎとなった小梨平キャンプ場を通過。
 
 
明神で最初の休憩。
 
 
初日は時間があるため明神池に立ち寄る。
 
明神池のほとりにある嘉門次小屋。岩魚の塩焼き定食食べたかった。
 
 
明神池は幻想的な雰囲気で死体が足から浮いてきそう。
 
 
明神岳。
 
 
徳沢で朝ごはんのカレーライス。早朝に上高地を出るとこのパターン。
 
 
横尾。雨はもう大丈夫そうなのでレインウェアを脱ぐ。
 
 
横尾からしばらく歩くと雲の中の前穂高岳屏風岩。
 
 
本谷橋で休憩。ここも登山者で賑わう。沢水が冷たくて気持ちいい。
 
 
Sガレを経て涸沢ヒュッテへ。
 
 
ナナカマド。
 
 
涸沢ヒュッテ着。
 
 
色とりどりのテントが張いつも綺麗。
 
 
雲がかかっているけど、ここから眺める穂高連峰は本当に素晴らしい。
 
 
北穂東稜方面を望む。
 
 
涸沢ヒュッテのテラスで、この日はおでんではなくラーメンをちゅるちゅる。
 
 
荷物を小屋に入れたら偵察も兼ねて、涸沢小屋から北穂への一般登山道取付きまで。
 
 
翌朝は暗闇の中、ここを登っていく。
 
前穂北尾根のラインが美しい。
 
 
涸沢ヒュッテに戻って、夕ご飯を食べて翌日の登攀に備え早めに就寝。
 

サミットガイド宮崎薫Office WEBSITE

はじめての登山からクライミングまで、基本から学べるアルパインスクール。認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう!