西丹沢 中川川水系マスキ嵐沢

 
【日程】 2021年10月9日(土)
【天候】 晴れ
【山域 山名】 西丹沢 中川川水系マスキ嵐沢
【目的】 沢登り
・西丹沢ビジターセンター(16:00)
 
スボスの10m枯棚クライミングもスイスイだった。
 
新松田駅で集合してバスで大滝橋BSへ。
 
橋を渡る前に左から登山道へ入れたようだ。
 
 
あとはひたすら沢沿いを歩くのだが、途中で道を外れて沢に下りすぎて登り返す。
 
 
マスキ嵐沢標識のある入渓点へ。
 
 
最初の3m滝は右から。
 
 
そのあとは気持ちの良いナメ。
 
 
670m地点の二股を左へ。5×8m滝、6×10m滝と続く。
 
 
大岩帯。
 
 
いったら楽だった。
 
 
2段15mはロープ出す。残置アンカーはなし、カムと立木で2か所支点を取りながら右から登る。
 
 
後続をビレイ。
 
 
靴底型がある7m滝は右から登る。
 
 
その後は小滝とナメが続く。次第に水は枯れて875m分岐を右股へ。
 
 
920mで5mの枯棚を登る。
 
 
その後ラスボスの10m枯棚なのだが、ザレた右側から登ってしまって途中で下降。
 
残置もあり支点もしっかり取れた。
 
 
後続もナイスクライミング。
 
 
その後は左から尾根に上がって権現山北尾根へ出た。一般的にはすぐ左の尾根に上がらず、そのまま沢を詰めて右から権現山北尾根へ上がる。
 
 
あとはヤセ尾根を下降して西沢沿いに西丹沢ビジターセンターへと下山。
 

サミットガイド宮崎薫Office

認定山岳ガイドによる技術講習とガイディングを通じて、スタンダードな登山の技術と登山の楽しさをお伝えしてます。はじめての登山から、雪山、バリエーションルートまで。今より一歩先の登山へのチャレンジを、安全に分かりやすくサポートします。 日常を脱ぎ捨てて山へ冒険に出かけましょう。